通販を活用して理想的なのれんを探す

のれん通販を活用する人


定期的に室内のインテリアを大きく変更しなければ、室内の見た目に飽きてしまうという人が
のれん通販のオーダーメイドサービスを活用しています。

オーダーメイド

自分好みのデザインをした生地を簡単に作る事ができるからこそ、
気楽にインテリアのイメージチェンジができると好評です。

壁紙などを張り替えるよりも、のれん生地を交換する方が作業的にも楽だという点でも
のれん通販ののれんのオーダーメイドサービスはおすすめできます。

季節に合わせて生地のデザインを選んで、自分好みの大きさの生地を
オーダーメイドするという人が多いです。

夏場には涼しさを感じられる南国風のデザインをしていながら、風を通しやすいシースルーの生地も人気があります。

冬場は温かみのある色合いをした生地や、隙間風を通しにくい防風性能に優れる生地が選ばれやすいです。
住宅だけでなく宿泊施設なども、暖簾通販でオリジナルデザインの生地を作って
部屋の入り口などに飾り付けています。

宿泊施設の名前などをプリントした、オリジナルデザインのれんの色の生地を作る事も可能です。
大量発注にも短時間で対応してもらえるために、施設内の全ての生地を急いで取り替えたい時にも
気楽に発注をする事ができます。

宿泊施設や介護施設は、ただデザインが良いだけでなく、防火性能に優れる生地を求める事も多いです。

防火性能

延焼を防ぐ効果が期待できるために、災害対策に役立つ生地として
多くの施設で役立てられており、個人の住宅にもおすすめできます。

自分の居場所を作ってストレス解消!模様替えをしたくなる心理を解説

部屋の模様替えをしたくなる心理には、居心地の良い自分の居場所を作りたいという気持ちが根底にあります。
自分の部屋は生活に一番身近な空間なので、できるだけリラックスできる環境にしたいものです。

でも、インテリアをずっと同じ配置にしていると見慣れてしまい、新鮮さは全く感じられません。
また、いつの間にか物が増えていて、部屋全体がごちゃごちゃした印象になっていることもあります。模様替えをすることでいらない物を処分したり、きちんと整理したりすることで気持ちもスッキリさせることができます。

模様替えのついでに掃除も行いますから、部屋の中が綺麗になりポジティブな気持ちも湧いてきます。
不要な物を捨てて気に入った物を身の回りに残す作業は、ストレス解消にもなります。部屋が綺麗に片付くだけで前向きな気持ちになりますし、カーテンやラグのカラーを変えるだけで部屋の印象がガラリと変わります。

それから不安な気持ちから模様替えをしたくなることもあります。
不安な気持ちを抱えていると、無意識のうちに人は気を紛らわそうとします。身近な部屋という空間を変化させようとすることで、落ち着かない気持ちを何とか静めようとしているのかもしれません。

 

空間を分けるだけじゃない!宿泊施設でののれんの活用法

日本国内へ旅行に来る海外からの観光客がここ数年増えてきていることにより、国内で日本人向けの宿泊施設以外にも外国人向けの旅館や民宿などが増加傾向にあります。 日本ならではの旅館や民宿の佇まいは洋風のホテルやペンションとは異なる和の空間が人気になっており、和を全面に出したデザインで統一しているという宿泊施設も少なくありません。 和テイストの旅館や民泊では、日本ならではの室内を演出するためにも様々な和柄を利用したアイテムを利用しており、特によく使用されているのが「のれん」だといわれています。
元々のれんは日除けや風除け、塵除けといった目的で利用される他に、人目を避けて室内への防寒効果を高めるために使用されていました。 鎌倉時代以降になると生地に商標を描くことで、メッセージ性を持たせた利用が主流です。江戸時代になると多くの人が文字の読み書きが行えるようになったことで、文字の入ったのれんが一般的となり、店舗の看板の代わりとして店先にかけられるようになりこの利用方法は現代でも続いています。 そういった様々な利用方法があるのれんですが、今まではシンプルな無地のデザインが主流とされていましたが、現在は風情溢れる様々なデザインがプリントされるようになっており、お店の看板としての役割以外にも室内を飾るインテリアアイテムとして利用される機会が増加中です。
のれん専門店では従来の和柄をはじめ、洋柄まで幅広いデザインを取り揃えており、プリントされているのれんのサイズも用途に合わせて選ぶことが可能です。 そして旅館や民宿では大きな室内を区切るために使用されています。ただのれんの利用方法は空間を分けるだけではなく、今まで日本らしい印象が薄かった旅館や民宿に手軽に日本らしさと高級感をプラスするインテリアアイテムとして活用されます。 一般的な住居を改築して利用しているゲストハウスなどは、元々利用されていた住宅を利用しているため日本らしさが薄くなってしまうデメリットがありました。
そこでドアではなく引き戸に改築し、入り口にオーダーメイドののれんをかけるだけでも一気に雰囲気を変えることができます。 外国人観光客へのゲストハウスの目印にすることも出来ますし、独特の風情を感じられる仕上がりになるとして人気が高くなっています。
また鮮やかな日本画がプリントされたのれんは、室内に飾るだけで費用を抑えて設置出来るインテリアアイテムとしても人気が高いです。